MacBookAir 蘇生

水没で通電しなくなったMacBookAir。修理屋さんは、SSDを抜き出したボディーについて、「こちらで処分しますか?」と聞いてきたのですが、さすがにそれはもったいない、オークションなどに出品すればそれなりに需要はあるだろうということで持ち帰ってきたわけです。で、中古MacBookProへのデータ移行作業が完了し、ホッとしつつ何の気なしにAirにACをつないでみると、昨日までまったく反応しなかった接続部のランプがオレンジに点灯するではありませんか。「え!?」と思い、今度はUSBポートに、外付ケースに入れたSSDをつないで起動ボタンを押してみたところ、「ジャーン」の起動音が! なんとあっさり起動してしまいました。 内部が完全に乾いて復活したのでしょうか。修理屋さんとしてはロジックボードに一部水ぬれ跡があるということで、故障というマニュアル通りの判断をしたのでしょうが、やはりもう少し厳密にチェックできなかったのかなあというのが正直なところです。数日後、また修理屋さんに行き、SSDをボディーに戻してもらい、Air2010は完全復活。もちろん一度仮死状態に陥ったマシンなだけに、いつまたトラブルを発生するかはわからず(おそらくもうメーカー保証は効かないでしょうしね)、しばらくはノート2台体制でやっていく予定です。にしても、水没後3日は最低乾かして様子を見ないといけません・・・、良い勉強になりました。