MacBookPro刷新

画像


MacBookPro15インチを2010年モデルから11年モデルにチェンジしました。性能的には不満のなかった2010モデルですが、AppleストアのBTO(受注生産方式)でアンチグレア(非光沢画面)+高解像度液晶(1680×1050)にしたために、文字の小ささに難儀してました。そのうち慣れるだろうと思っていましたが、気がつくとモニタに目を近づけていたり、拡大表示することが常になっていたりと、1年経っても慣れるどころか(そのせいとは限りませんが)頭痛まで感じ始めたため、標準液晶(光沢パネルに1440×900の標準解像度)のものに買い替えようと決めたわけです。仕事柄高解像度+非光沢という選択にしたわけですが、本格的に作業をするときは17インチでも小さくて外付けモニタは必須となるわけで、やはり普段遣いには目に優しい通常液晶がいいだろうという結論に達したということですね。ただ光沢画面の写り込みは気になるので、本当は以前のように標準解像度にアンチグレアのオプションがあるとベストなんですけど。

前2010/15インチはAppleストアで上位モデルにノングレアのBTOをほどこしたので、20万円ほどしたと記憶してますが、今回は下位モデルを価格.comの最安店から買ったので、12万ちょいで手に入れることができました。それでも前モデルより性能は上だからパソコンの進化はコクですよね~。
ちなみに前モデルはショップに買い取ってもらいましたが、価格は10万弱。期待したアンチグレア化のプラスαはわずか3000円でした。この分を除くと下位モデルとの買い取り価格の差は1万円もありませんから、上位モデルを、しかもAppleストア価格で購入する場合はそれなりの決め手が必要かなと思いますね。(それが僕の場合はアンチグレア+高解像度化だったわけですが・・)